生田斗真主演映画「先生好きになってもいいですか」のあらすじや見所♪

生田斗真主演映画「先生好きになってもいいですか」のあらすじや見所♪

今までは学生の役で数々の映画に出演されていた生田斗真さんですが、
今話題の生田斗真さん 広瀬すずさん主演の映画
先生!、、、好きになってもいいですか?では教師役を演じられました。

タイトルを聞いただけで何だかキュンキュンシーン満載な気がしますが、今回はその映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の大まかなあらすじや見所をご紹介します♪

スポンサーリンク

「先生!、、、好きになってもいいですか?」の原作は20年前!?

映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の原作漫画のタイトルは「先生!」だけで、今回のこの映画を撮るにあたってサブタイトル「、、、好きになってもいいですか?」を付け足したようです。

ちょっと驚いたのはこの原作の漫画は1996年から連載を開始し、20年経った2017年に映画化となった流れがなんだかとても気になりますね♪

この漫画の作者さんはこれまでにも自身の書いた作品がいくつも実写化されています。

原作「先生!」の中では、今作で生田斗真さんが演じる伊藤先生は優しく真面目で、時に男らしく描かれています。

そんな伊藤先生を生田さんがどのようにして演じているのか?

ここがやっぱり気になってきますよね♪

スポンサーリンク

「先生!、、、好きになってもいいですか?」の大まかなあらすじ♪

生田斗真 映画「先生!好きになってもいいですか?」のあらすじや見所

「先生!、、、好きになってもいいですか?」のあらすじはタイトルを見ても分かる通り先生と生徒の禁断の恋という事は間違いありません。

この映画を見れば誰しもが自分の学生時代を思い出さずにはいられないはずです♪

学生の頃憧れていた先生とか、そういった経験がなくても今いる大好きな人を改めて大好きだと思わずにはいられないと思います。

  • 広瀬すずさん演じる高校2年生の女子高生「島田響」
  • 生田斗真さん演じる世界史教師「伊藤貢作」

とある事がきっかけで二人の距離が少しずつ縮まっていきます。

放課後に課題を手伝ってくれたり、危ないところを助けてくれたり。

まだ恋の経験がない広瀬さん演じる響はさりげない伊藤貢作先生の優しさやいつもとは違った姿を見ているうちに、徐々に伊藤先生に惹かれてしまいます。

一方で伊藤先生も頑張り屋で素直な響を意識していくのですが、やっぱりそうはうまく行かず、二人に壁が立ちふさがります。

そこを二人はどう乗り越えていくのか。そこは見てからのお楽しみですね♪

映画の見所は伊藤先生のツンデレ?

生田斗真さん演じる伊藤先生に胸を射止められる事間違いなしっ!と言った感じです♪

伊藤先生のツンデレ?っぽい感じがやっぱり女心をくすぐるんですね。

いつも明るい先生ももちろん素敵ですが、普段は仏頂面なのにたまに笑ったりたまに優しかったりとそういう伊藤先生のギャップのようなものを是非感じて頂きたいです♪

それから、恋だけではなく友情、家族愛などもしっかり描かれており、若い年代ではなくても幅広い年代の人が楽しめる映画だと思います。

キャストも生田斗真さんや広瀬すずさんの他にも今を彩る若手の俳優さん女優さんからドラマや映画で以前から活躍されている方々も出演しており、そこも注目です♪

おわりに

内容は難しくなく、とてもスーっと頭の中に入ってくる映画で、初恋をした頃の純粋な心がもう一度蘇るような気持ちになり、そして切なくなる。

そこを楽しんで頂きたいです!

それから何と言っても、生田斗真さんと広瀬すずさんの年の差10歳以上の二人の演技に大注目ですね♪

関連記事