ドラマ「先に生まれただけの僕」櫻井翔(鳴海涼介)の演技の評価は?

ドラマ「先に生まれただけの僕」櫻井翔(鳴海涼介)の演技の評価は?

この記事をシェアする

2017年10月14日から放送開始されたドラマ「先に生まれただけの僕」は毎週土曜夜10時から日本テレビ系列で現在もなお放送中です。世間では「先僕」と略されています♪

そして主演を務めるのはアイドルグループ「嵐」のメンバーである櫻井翔さん。今回のドラマで櫻井翔さんはなんと「校長先生」の役を演じられています。ドラマの大まかな内容や、櫻井翔さんの演技についての感想なども紹介していきます♪



櫻井翔さん主演ドラマ「先に生まれただけの僕」のあらすじ

商社マンとして働いていた鳴海涼介(櫻井翔)は、上司の指示で急に高校の校長先生になることになります。いきなり校長になった一般企業のサラリーマンに対し、他の教師や生徒も初めは敵意を出していますが、高校の立て直しの為に奮闘する鳴海に次第に慕っていくようになります。

こちらのドラマは先生と生徒の友情や愛情を描く学園ドラマのようなものではなく、教師たちの人間物語を描いた社会派エンターテイメントです。「未来を生きていく今の子供たちに大人は何を教えるべきか、その答えを探す」をテーマにした、学生から大人まで全ての年代にそれぞれのメッセージをくれるドラマです♪

スポンサーリンク

櫻井翔さん演じる鳴海涼介の役どころは?

鳴海涼介について、もう少し詳しく説明すると、青森の子会社の支店長として赤字経営を2年で立て直すという優秀な商社マンで、やっと東京に帰れると思いきや、鳴海の事をよく思っていない専務に、車内の事情で傘下にあった高校の校長なるように鳴海に命じられ、そこから校長になります。

最初のうちは、ずっと営業ばかりしていたので教育現場の実態にとても戸惑い、あまり興味のなかった「学校」というものにどう向かっていけばいいのか分からず悩んでいたのですが、あることがきっかけで問題は生徒ではなく教師にあると気付き、そこから奮闘して行きます。

次第に鳴海に対し心を許していく教師陣と校長先生が今後どのようにして学校の経営を立て直していくのか、毎回、次の回が気になってしまいます♪

次々と降り注ぐ問題達に、迷ったり悩んだり立ち止まったりしながらも、まっすぐで熱心な役柄は、櫻井翔さんに何処と無く重なるものがあるような気がしますね。

櫻井翔さんの演技の評価は?

ドラマ「先に生まれただけの僕」櫻井翔(鳴海涼介)の演技の評価は?

現在はアイドル業だけでなく、ニュースキャスターや番組司会者など、あらゆる方面で活躍されている桜井翔さんですが、そんな櫻井翔の今回の演技にはどういった評価があるのでしょう? 
いくつかご紹介します♪

  • 「スピーチの場面は引き込まれた」
  • 「説得力のある演技」
  • 「セリフがセリフに聞こえないくらい自然な抑揚とテンポ」
  • 「新しい役を演じる度に演技力の底深さを感じる」
  • 「セリフ以外にも表情や声のトーンが相手によって使い分けたりしていて自然で人間味がある」

など、櫻井翔さんの演技の上手さに対しての意見が多かったです。

スポンサーリンク

櫻井翔さん本人からの言葉に聞こえる演技力!

今が旬のドラマ「先に生まれただけの僕」は多くの人の心に直接、ストレートにぶつかってくるドラマで、今後も見逃せません♪

櫻井翔さんの演技に対しては、上手いと高評価のものが多く、中でも、鳴海先生の言葉がそれを通り越して「櫻井翔さん本人からの言葉に聞こえる。」「本当の心からのメッセージに聞こえる。」といった声が上がっていました。

桜井翔さんの演技には今後も大注目ですね!

関連記事