藤ヶ谷太輔の出演ドラマ一覧!【視聴率付き】初出演は12歳?

藤ヶ谷太輔の出演ドラマ一覧!【視聴率付き】初出演は12歳?

この記事をシェアする

キスマイのメンバーの中でも大人気で主力メンバーである藤ヶ谷太輔さん。

藤ヶ谷太輔さんのファンであればドラマに出演している姿を見逃したことがない!という方が多いかもしれません。

一方で、最近ファンになったという方は、過去にどのようなドラマに出演されていたのか気になるのではないでしょうか?

このページでは、最高視聴率・最低視聴率付きで藤ヶ谷太輔さん出演ドラマ一覧をご紹介します♪



初出演ドラマはどんなドラマ?

キスマイ藤ヶ谷太輔の出演ドラマ視聴率付き一覧!初出演は12歳?「怖い日曜日 友達のJ君」

藤ヶ谷太輔さんは1998年にジャニーズ事務所に入所しました。

そして、その翌年1999年に怖い日曜日 友達のJ君でドラマ初出演をしています。

このドラマは、視聴者の心霊体験を投稿してもらい、オムニバス形式のドラマとして紹介するものでした。

「怖い日曜日 友達のJ君」は、藤ヶ谷太輔さんだけではなく、NEWSの加藤成亮さんも出演されていました。

この頃の藤ヶ谷さんは若干12歳ですので、幼い頃の藤ヶ谷太輔さんを見たい!と思う方は是非見てみて下さい♪

幼くて可愛らしい藤ヶ谷さんを見ることができるのでテンションもあがるはずですよ♪

スポンサーリンク

藤ヶ谷太輔さんの「出演ドラマ一覧」

藤ヶ谷太輔さんは「怖い日曜日 友達のJ君」以外にも色んなジャンルのドラマに出演されています!

藤ヶ谷太輔さん出演ドラマ一覧を「放送日・放送期間」「一話平均の最高視聴率・最低視聴率」付きで作ってみました♪

赤字が全ドラマの中で最高視聴率、青字が全ドラマの中で最低視聴率です。一話完結ドラマはその一話の平均視聴率です。なお、正確な視聴率情報が見つからなかったドラマは視聴率欄に不明と書いています。

  藤ヶ谷太輔さん   視聴
    ドラマ一覧放送日・期間最高最低
 1怖い日曜日 友達のJ君1999年8月8日     不
 2下北サンデーズ2006年7~9月11.45.8
 3白虎隊2007年1月6日,7日17.4 17.1
 4美咲ナンバーワン!!2011年1~3月13.29.4
 5月曜ゴールデン美食カメラマン星井裕の事件簿22011年4月25日   不
 6美男ですね2011年7~9月11.57.7
 7理想の息子2012年1~3月14.010.0
 8ビギナーズ!2012年7~9月9.95.9
 9PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜2012年10月~12月20.115.2
10仮面ティーチャー2013年7~9月3.82.1
 11金曜ロードショー 仮面ティーチャー課外授業SP2014年2月14日  平均9.4
 12ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013「Xホスピタル」2013年8月17日  平均13.0
 13独身貴族2013年10月~12月12.79.6
 14信長協奏曲2014年10月~12月15.810.5
 15平成舞祭組男(第1話)2011年11月19日3.82.3
 16MARS〜ただ、君を愛してる2016年1~3月3.62.7
 17バスケも恋も、していたい

2016年9月19日~21日

4.3 3.3
 18櫻子さんの足下には死体が埋まっている2017年4~6月6.94.2

携帯端末向けドラマでは、「シニカレ(2012年5月~8月)」に出演されています。

「美男ですね」がNo.1オススメドラマ♪

キスマイ藤ヶ谷太輔の出演ドラマ視聴率付き一覧!「美男ですね」

前述のとおり、藤ヶ谷太輔さんは様々なドラマに出演されています♪ その中でも、もしまだ見ていない方がいたら絶対に見てもらいたい、藤ヶ谷さんのオススメドラマがあります!

それは、美男ですねというドラマです!!

韓国で放送され、アジア各国で大反響を呼んだドラマ「美男ですね」のリメイク版です。

その中で藤ヶ谷太輔さんは、A.N.JELLのギタリストで優しい性格の役を演じており、ヒロインである美子のことをずっと想い続け、ストレートにアプローチを続けます。

ギターを演奏する姿や、切ない気持ちになりながらも美子のことを想い続ける姿を見ていると、とてもキューンとしちゃいます♪

個人的には、この「美男ですね」が藤ヶ谷太輔さんのことをより深く知ることになるきっかけとなったドラマでした!

是非みなさんも見ていただきたいです!!

おわりに

近年では歌って踊るアイドル活動だけではなく俳優業としても大活躍している藤ヶ谷太輔さん!

色んなドラマの役を演じていると色んな表情が見ることができるのでファンにはたまらないことだと思います♪

今後もどんなドラマに出演するのか今から楽しみです!

関連記事